中学受験とは

公立の中学校には、受験をすることなく入学することができますが、私立の中学校には受験をしなければ入学することができません。最近では公立の中高一貫校でも受験のようなことをして入学の合否を決めます。公立の中高一貫校では適性検査というものをすることで中学受験の代わりとします。公立校では学力診断により入学の合否を決めてはいけない決まりがあるので、学力診断ではなく適性検査で入学の合否を決めます。

中学受験を受けさせるには様々なメリットがあります。中学受験ができる環境ならば、中学受験をしてしまった方が、後年で有利になります。高校受験もありますが、中学校から勉強が格段に難しくなりますので、早めに受験を受けさせることで難しい高校受験と大学受験へ備えることができます。また、中高一貫校へ入学すれば、高校受験を受けることなく大学受験のみに専念することができます。早くから勉強をする習慣をつけさせてしまえば、年齢を重ねた際には有利となります。

また、公立中学ではさまざまなタイプの子供が集まります。一方で中学受験を経た私立校などには学校にマッチしたカラーの子供が集まります。さまざまなタイプの子供がいることは一見すればいいことのように感じられますが、話が合う子供と合わない子供がいるということです。同じ知的水準の子供が集まることで向上心などが芽生えやすくなり、それだけ将来的にプラスに作用する可能性が高くなります。今回は中学受験について見ていきましょう。