科目数

現在の中学受験では4教科入試が多くなっています。4教科とは国語、算数、社会、理科です。中には算数、国語の2科目の学校もありますが、4教科も併せて行うことが多いようです。このようになった背景として、中学受験対策の進学塾では4教科を教えているということが上げられます。4教科を習っていれば、2科目の入学試験であっても問題はありません。またほとんど有名校、難関校が4科目試験を行っているからでもあります。

異なる中学校を併願したとしても、4科目の勉強を行ってさえれば、勉強不足になることはありません。一般的に首都圏の学校では4科目入試になりますので、準備をして臨んでおけば問題ないでしょう。中には4科目は子供への負担が大きくなるとして依然として2科目受験の学校もあります。2科目入試と4科目入試とでは、単純に4科目入試の方が大変になりますが、どこの学校へ入学したいのかを決めて勉強をした方が、負担にならないでしょう。

しかし、ギリギリまでどこの学校へ入学したいのかが決まっていないのであれば、2科目だけの勉強では本番では勉強科目数が少ないという理由で失敗する可能性がありますので、4科目の受験勉強だけはしておきましょう。