新学習指導要領

中学受験の受験者が増えています。2003年以降の私立中学校受験者数は増加の傾向があります。中学受験に高い関心がある背景として、学力低下への懸念があります。いわゆるゆとり教育の影響です。ゆとり教育の理念自体は素晴らしいものですが、日本の学校のシステムにはミスマッチだったといえます。このゆとり教育を受けるのは、公立の新学習指導要領の下にいる子供です。

公立学校は国の決めた新学習指導要領を受けなければなりません。その結果、大幅な授業時間の減少と学習内容の削減の影響を受けることになります。現在は見直されていますので、授業時間が増えてきていますが、新学習指導要領の下にいる子供と新学習指導要領の下にいない子供とでは、例えば高校受験や大学受験を受けた際には明確な差が出てきてしまいます。その結果、新学習指導要領の下にいない子供の方が有利になります。

新学習指導要領の下にいない子供とは、私立の中学校へ入学した子供です。私立の場合は新学習指導要領に沿って勉強をする必要がありません。学校が決めたプログラムに沿った勉強ができますので、公立の中学生よりも学力面では有利になります。高い教育を子供へ受けさせるのならば、中学受験をさせてしまった方が将来的に子供には有利になります。