中学受験と塾

中学受験をする子供の多くは塾へ通っています。塾へ通うメリットとしては、塾へ通わない子供よりも勉強する時間が長くなりますので、必然的に学力が上がります。学力が上がることで、それだけ中学受験に成功する可能性が高くなります。また、勉強をする癖がつきますので、たとえ中学受験に失敗したとしても、高校受験、大学受験の際には有利となります。さらには大学卒業後に受ける可能性のある国家試験の勉強もストレスなく進めることができます。

ただ、中学受験を受けなければ中学受験に失敗するというわけではありません。中学受験において、特に公立に関しては単純な学力で入学を決めることは学習指導要領で禁止されています。これは受験の低年齢化を防ぐための措置ですが、この影響で公立の中学受験(適性検査)では、国語、算数、社会、理科、1科目ずつの学力を測るものではなく、すべての科目から横断的に出題をされます。

基礎的な学力と応用力、さらには近年の社会動向なども問題を解くには必要となります。塾へ通った方が過去問題を受けることができ、さらには基礎的な学力向上にも効果があります。受けたい学校が決まっている場合はさらに有利となるでしょう。そのため、塾へ通って不利になることはありません。