中学受験をする理由

私立の中学校へ入学するメリットはどのような点でしょうか。中学受験を受けなくても中学校へ入学することができますが、中学受験をしてまで私立中学へ入学するメリットや理由とはどのようなところにあるのでしょうか。1つとして上げられるのは、公立の中学校よりも高いレベルの授業を受けることができる可能性がある点です。高いレベルの授業とは公立高校では受けることのできない、充実した設備の下での授業です。

私立の中学校では公立高校よりも設備に投資をしていますので、充実した学生生活を送ることができます。また、学習指導要領に沿った内容の授業をする必要は私立の中学校にはありません。例えば、問題となったゆとり教育などの影響は私立の中学校にはありません。そのため、学力の低下という影響を受けずに済みました。また、国際的な活動、交換留学や短期留学、修学旅行が海外になるなどの恩恵があります。

また、中高一貫教育を行っている学校の方が多いので、高校受験をする必要がなく、大学付属の私立学校ならば大学受験をするにしても、外部からの受験者と比べると有利に入学ができるようになります。部活動などの子供がやりたいことに打ち込むことができて有意義な生活を送ることのできる可能性が高くなります。