中学受験での親の役割

中学受験での親の役割はどのようなことでしょうか。塾へ行くためのお資金を出すというのは、親でしかできないサポートといえます。では親はお金を出しているから、後は子供の努力次第として勉強をみる必要ないのかといえば、そのようなことはありません。お金を出してあげているのだから、中学に受かって恩を返せというようなスタンスでは、子供の心は親から離れてしまい、塾へ通うのがストレスとなってしまいます。

その結果、子供との不仲の原因になります。子供のためにお金を出すだけではいけません。受験勉強はわからないからすべて塾任せとしてしまうと、子供のモチベーションは下がる一方です。そのため、親は塾にすべて任せるのではなく、家族一丸となって勉強のできる環境を作ってあげたり、モチベーションを高めるように子供を見守る必要があります。塾の影響は確かに大きいものですが、子供のモチベーションの維持には家族や親の働きかけが重要となります。

塾を利用しつつ、子供と一緒に親も成長できるように、中学受験を利用していきましょう。テストの点が芳しくなかったり、スランプにかかったりしたときは親は積極的にバックアップをしていき、子供にも親にもいい思い出となる中学受験としましょう。