中学受験を始める時期

中学受験の勉強を本格的に始める学年はどのくらいがベストなのでしょうか。例えば優秀な子供ならば小学6年生から始めたとしても問題はないと考えられますが、不利であるのには変わりありません。その子の家庭環境が積極的に勉強をしていくというものであればいいのですが、そのような家庭というのはあまり多くありません。さらに中学受験に関する情報収集のことも考えますと、もう少し早くから活動を始めた方がいいでしょう。

では、何年生から始めるのかといいますと、一般的には小学4年生あたりから学校選びを始めて、塾へ通わせてしまった方がいいでしょう。小学生のことは中学生とは異なり受験への具体的なイメージを持ちにくいのですが、志望校であったり目標とする学校の学校説明会へ参加してみたり、体育祭や文化祭などへ参加してみたりすることで子供の目標を作っていくことも大切です。

早くから中学受験の受験対策をすることが必要ですが、親が1人で盛り上がっても意味はありません。子供のモチベーションを維持しつつ受験勉強に力を入れていくことが必要です。受験まで約2年ありますから、短期決戦方式ではなく、マラソンのような長期的にモチベーションを維持させるような振舞いが必要です。