6年からの勉強

小学6年生頃から中学受験を考えるのは無理なのでしょうか。1年間のみしか勉強をする時間はありません。そのため、小学6年生からの中学受験は時間的に無理があると思われがちですが、基本的な学力とやる気があるのであれば十分に挽回することは可能であるといえます。ここで焦ってしまい、応用から入ってしまいますと、逆に不利となります。基礎的な学習を塾の先生と相談をしながら進めていくことがカギとなります。

ただ、受験勉強を始めるのは小学6年生頃からでも構いませんが、中学受験に関する情報収集、つまり準備期間は長いに越したことはありません。準備期間が短く中学校の情報が少ない状態での受験ではモチベーションの維持は難しく、もし入学したとしてもミスマッチに悩まされる可能性があります。受験勉強を実施する学校の多くは中高一貫校なので、6年間ミスマッチの学校へ通うことになりストレスとなります。

また、受験勉強の期間が短いので子供を無理にせかして勉強させるのではなく、最後まであきらめないようにじっくりと勉強させていくことを心がける必要があります。基礎学力をあげていき、応用問題に取り掛かることができるように親は取り計らう様にしましょう。