私立と公立

私立と公立、中学受験を受けてまで入学するべきなのはどちらなのでしょうか。公立で入学試験(適性検査なので、公立の場合は入学試験とはいいませんが、便宜上中学受験とします。)を実施しているのは中高一貫校となります。普通の公立中学校は入学試験を受ける必要はありませんが、中学受験をしてまで入学するのであれば、私立と公立どちらがいいのでしょう。

学費面から考えますと公立の学校にメリットがあります。普通の公立校へ入学したのと費用面では変わりがありません。高校受験がありませんので、中学卒業後、私立高校への入学ということがなく、普通の中学へ入学したよりも費用面では有利となる可能性もあります。費用面に関しては公立の方にメリットがありますが、学習カリキュラムではどちらがいいのでしょう。

学習カリキュラムに関しては、私立の中学校は学習指導要領が改定されたとしても影響がありません。一貫して独自の学習を行います。そのため、年によって学力に影響は現れず一貫して同じレベルとなります。公立校では学習指導要領の改訂に影響を受けますが、最近では将来的に日本を引っ張るリーダーとなるべき人材の育成に力を入れています。まだ結果が出ていませんが、公立は現在このような教育へ力を入れています。