中学受験と父親

中学受験に父親が参加をする家庭の方が受験を上手く進めることができるという話があります。実際に父親が学校説明会などに参加しているというケースは多くあります。これは父親の方が合理的な判断を下すことができる可能性が高いからです。ただ、中学受験に限らず受験に関しては父親、母親のくくりを越えて総合的に家族の力を結集して挑んでいる家庭の方が多いというわけです。

子供だけが頑張って親は塾などの費用を出しているだけでは、子供のモチベーションは維持できませんし子供との軋轢が生まれる可能性もあります。また父親だからできることとして、入試問題の研究や学校の選定、塾における学習状況などを調べることが上げられます。母親でもできますが父親の方が得意な分野であるということです。また自宅での学習の際も父親がどのような勉強をしているのか把握することも必要です。

勉強を教えることができるのであれば、子供と一緒に勉強をしてみることで子供には応援をしている意思を表していると受け取られモチベーションの維持に繋がります。勉強を見る時間がないにしても食事の際に受験の話しのみならず社会の動向を話しあうことも中学受験に関しては非常に有意義な時間となります。