低学年の勉強

中学受験の勉強を本格的に始めるのは一般的に小学4年生からといわれています。小学4年生頃から志望校の学校説明会などへ参加して、中学受験をするのか、どのような学校へ行くのかを子供と一緒に考えていきます。また子供も中学受験があることを意識させるようにします。塾へ通い始めるのも小学4年生からでも十分であるとも言われています。あまりにも低学年から勉強を始めも受験までモチベーションを維持するのは難題です。

低学年からの勉強法に関しては学習の基本姿勢を養うことに重点を置いた方がいいかもしれません。つまり、短時間でも毎日、集中して勉強を行う習慣を養うということです。受験のためとはいえ、勉強をする習慣が泣ければ目的があったとしても集中して勉強をすることができず、勉強をしてもストレスとなります。そのため低学年の頃は家庭での勉強習慣を養うことを目指しましょう。

小学生低学年を対象にしたドリルや通信教育があります。また、塾などでは中学受験に対しての心構えを作るというカリキュラムもあります。長時間の勉強を毎日続けるのではなく、短時間でも毎日きちんと集中して机に向かう習慣をつくるのが、低学年からの勉強法になります。親も中学受験を見据えてバックアップをしましょう。