中学受験のメリット

中学受験を受けてまで中学校へ行く意義とはどのような点でしょうか。中学受験を行う学校は中高一貫校が多数を占めます。つまり中学受験を受ければエスカレーター式で高校まで進学をすることができ、大学受験に専念することができます。大学受験に専念できるので難関大学を狙うことが可能となります。また、6年間を一貫して同じ校風の学校へ通うことができますので、じっくりと学習することができます。

また、部活動も高校受験の際に一度ブランクを挟み高校からまた始めるという面倒くさいことをせずに6年間打ち込むことができるので、普通の中学校へ進学した子供と比べると有意義な時間を過ごすことが可能となります。また私立の中学校へ入学をしますと公立の中学校へ入学をするよりも充実した施設での勉強をすることができます。海外研修や交換留学などグローバルな機会に恵まれることがあります。

学業に打ち込むにしても部活動を楽しむにしても、中学受験を行った方にメリットがあります。もちろん小学生の頃から勉強をしなければならず、周りの子供が遊んでいるのをよそに塾へ行かねばなりませんので、子供にはストレスとなりますが、長期的な目線で考えれば子供のためになります。子供と親とで話しあい、決めていくようにしましょう。