進学校と付属校

進学校と大学付属学校のどちらへ進学をするべきなのか考えてみます。中学受験を行うのであれば将来的にメリットがなければ意味はありません。しかし、学校には進学校と大学付属学校があります。受ける学校を考えませんと大学受験の際に不利になる可能性があります。それぞれの学校のメリットとデメリットをみて考えます。

進学校は多数の有名大学へ生徒が進学するので進学校となります。大学付属学校は高等部卒業後に内部推薦として大学へ進学したり、他の学校よりも有利な条件で大学へ進学することができるという学校です。進学校へ入学するのであれば、国立大学や有名大学へ進学することが目標となりますので、大学受験の対策をきちんと受けることができるメリットがあります。ただ、大学付属校のように進学へ有利になることはありません。

一方、大学付属校は内申点がきちんとしていれば有利な条件で大学へ進学することができます。そのため、部活動などへ他の学校よりも打ち込むことができますが、他の大学への進学を考えている場合は少し不利になる可能性があります。付属大学への入学が学校の目的になってしまいますので他の大学を受けることを考えるのであれば、完全な付属校ではない方がいいかもしれません。