作文

公立中学の受験は、単純に学力を測る試験はおこないません。そのため、私立の中学校受験と比べますと公立の方が苦手する方もいます。単純に学力を測るのでありませんので、適性検査と呼びます。適性検査は学科ごとに別れていませんので、すべての学科の基礎的な能力が必要になります。試験範囲は学習指導要領により小学校で習う範囲から逸脱しない範囲ですが、内容は非常に難しいといえます。

また、公立の中学受験では作文が試験の1つとして課されます。作文は国語の1科目として課されるのではありません。解答をするためにはすべての科目の横断的な知識と社会動向への興味関心が重要となります。問題の内容も「あなたなら、どのようにしますか、説明をしてください」という質問になります。

質問を理解した上で自身の考える解答を論理的に書く能力が必要となります。ここで問われる問題は、ニュースなどの社会の動向を観察し、そのことで誰かと議論をしなければ答えることができない問題となります。文章を書く能力だけでは高得点をとることはできません。自分の考える意思などを決められた文字数の以内に収めた上で誰でも納得するような文章力や表現力は毎日の反復学習を積むことで得ることができます。